人を紹介する時の元とか前は必要なの?

テレビや新聞、雑誌などで

人物を紹介する時(政治家、芸能人、犯罪者など)に使われる

元 肩書氏名、前 肩書氏名のような

肩書の前につくとかって必要なのでしょうか?

過去の栄光にすがっているようにしか思えないのですけれど・・・

それ(元、前)って必要なの?

 

テレビや新聞、雑誌などで人物を紹介するときに

元アイドルグループの氏名とか、前○○大臣の氏名などのように

元とか前とかつけて紹介されます。

 

でも、それって必要なのでしょうか?

 

「前○○大臣の氏名といわれても、今はただの議員さんだよね」

「元アイドルグループの氏名といわれても、今は何なの?」

と思いませんか?

 

視点を変えてみれば

今現在○○大臣の職にある議員さんにすれば、

「いま○○大臣は俺(私)だけど・・・」

とか

いまも活動しているグループのメンバーにすれば

「辞めた(脱退した)人にグループの名前を使わないで・・・」

と思うのではないでしょうか?

 

特に不正や犯罪などで立場を追われた

政治家とかアイドルであれば尚更で

いい迷惑だったりもします。

で、今は何なの???

元○○とか前○○は、

確かに昔はそんなときもあったかもしれないけど

今は違う。

 

だから、「今は何なの?」「今は何様なの?」と聞きたくなってしまう。

 

ただ単に紹介するのが面倒くさいから

元○○とか前○○と使っているとしか思えないような・・・

 

見方を変えれば

元〇〇大臣に、

「俺(私)は、偉かったんだぜ。」と

過去の栄光を褒め称えて喜ばせるため

 

元アイドルグループのメンバーならば

「私にもこんな栄光の時があったのよ!」と

自己満足にふけらせるためだったりして・・・

 

いまは何者でもない

ただの人に気を使う必要はないと思いませんか?

 

まとめ

 

そもそも

会社を辞めた(自主退職、リストラなどなど)人は

「元○○会社の何々です」なんて自己紹介しないですよね。

 

会社の看板が外れ、会社の名刺もなくなり

身分を証明できるのは、

パスポートや免許証、保険証、マイナンバーカードといったところでしょうか。

 

つまり

『ただの人』、一般人なのです。

ただ、議員さんは任期が終えたり、議会が解散しない限り

『○○議員』という肩書は残りますが・・・

 

一般人になったとしても、

本当に力のある人ならば・・・

 

議員さんなら新たな大臣職につくであろうし、

元アイドルならばソロ活動で、あるいは活躍の場を変えて

世に出てくるでしょう。

 

その時に

新たな肩書で称賛してあげればよいのです。

 

だから、

元○○、前○○という呼び方はやめませんか?